加齢臭&口臭、原因が特定できる以上、対策がある。

加齢臭とは。いわゆる「オヤジ臭」とは違うのか。

加齢臭(かれいしゅう)、すっかりオナジミになってしまったこの言葉は、日本の化粧品メーカーにより発見・命名された体臭成分です。

加齢臭は男女の区別なく40歳を過ぎた頃から発生します。

しかし女性は一般に、女性ホルモンの作用によって、後述する原因成分となる「ノネナール」の発生が少ないため、男性に比べると加齢臭は目立ちません(ノネナールとは(Wikipedia))。

スポンサーリンク


この加齢臭、臭いの質としては、チーズやロウソク、古本の臭いに近いと言われます。

シャワーの回数を増やしたり、コロンをつけて簡単にごまかせないのが、この加齢臭のやっかいなところです。

というか、下手にコロンなどをつけると、臭いと匂いがまざってかえってキツくなってしまい、周囲に対して逆効果となってしまうケースもありますので、その点オフィスなどでは気をつけたほうがよいでしょう。


ちなみに、加齢臭といっしょに話題になる臭いとして、いわゆる「オヤジ臭」「オジサン臭さ」があります。

ただしこちらは、男性ホルモンに由来する「アンドロステノン」という成分が、汗や皮脂と一緒にでてくることから、生じる臭いです。こちらも日本の医薬品メーカーが研究し、発表しました。


こちらの「オヤジ臭」は、シャワー回数を増やしたり(特に、わきの下やお腹周りを清潔に保つこと)、背広を日々着替えるなどして、清潔を保つよう注意することによって、その発生をかなり避けられるものです。


この「オヤジ臭」、臭いのモトとなる成分も異なるため、加齢臭ではありませんが、こと「ニオう」という点では一緒。

これも40歳前後から生じるものですから、仕事にまぎれて風呂を忘れないようにするなど、清潔感と身だしなみに気を配らなくてはならないという点では同じですね。


ただし「オヤジ臭」の方はそれほど嫌いじゃない、オトコくささは悪くない、という女性も巷にはいるようですから(笑)、その取扱いはなかなかビミョーなところではありますが…。

加齢臭の原因と、その抑制・予防のための対策。


加齢臭の原因は、専門的には「ノネナール」といわれる成分です。

加齢臭の原因成分「ノネナール」は、皮脂から分泌される9-ヘキサデセン酸という「脂肪酸」が空気中で分解・酸化し発生します。


この脂肪酸、若い人には無く、中高年になってから生成されます。 またこの脂肪酸の分解を起こしやすくするのが、「過酸化脂質」です。


すなわち加齢臭を抑えるために原理的には、

(方策1)加齢臭のもととなる成分自体を中和して匂わないようにするか、
(方策2)この成分そのものを発生させないようにするか、

のどちらか(あるいは両方)が解決の方向となることは、おわかりいただけると思います。


つまり、「脂質の取りすぎを防ぐことによって、皮脂線からでる脂肪酸の量を減らし」、また「抗酸化作用のある食べ物を意識的に摂取していくこと」が必要となります。


これを逆から見ると、「加齢臭の発生」すなわち「食生活の高脂質化による体の酸化(=老化)」が進んでいるのみならず、メタボリック症候群のサインが出ていることにもなるのです。

スポンサーリンク


具体的にはまず「動物性脂肪の摂取を控える」、すなわち脂質の取りすぎを防ぐため、肉類などを多く食べすぎないようにしましょう。


そして、抗酸化作用成分である「ビタミンC」や「ビタミンE」、ゴマなどに含まれる「セサミン」、緑黄色野菜に含まれる「リコピン」「カロチン」等が豊富に含まれた食べ物を、日頃から意識して摂るようにします。


抗酸化物質を多く含むとされる食品群には、イワシやアジなどの魚介類・ニンジンやホウレンソウなどの緑黄色野菜・果物類、そして豆腐や納豆、豆乳・ごま・ナッツ類・緑茶といったものがあります。


これらの食品を日常の食事でバランスよくとることを意識したいものですが、食事が不規則で偏りがちな場合、抗酸化サポートをうたうサプリメントで不足分をある程度補うこともよいでしょう。


ただし大切なことは、全体のバランスです。

加齢臭に効果がありそうだといって、肉を一切とらないようにするというのは、明らかにやりすぎですのでご注意を。

たとえ体臭がなくなっても、栄養不足で健康を損なってしまっては、なんにもなりませんから。


仕事や生活全般でストレスをため込まないことも、また大切です。ストレスの増加は体内の活性酸素を増やし、それが過酸化脂質ひいてはノネナールの増加につながるからです。


あわせて一日20~30分程度のウォーキングなどの「有酸素運動」を続けることも、加齢臭の予防につながります。

日頃から汗をかく運動を心がけることによって、皮脂から分泌される脂肪酸の量が減り、「ノネナール」すなわち加齢臭の発生を弱める効果があります。


▲先頭に戻る

加齢臭対策サプリメントと、本質的解決策。


加齢臭対策をうたうサプリメントも各種販売されていますが、加齢臭の原因成分が「ノネナール」であることがはっきりしている以上、これを抑制する効果のある成分をとればよいということになります。

「アスタキサンチン」といわれる成分や、ある種の乳酸菌などを含んだものに、一定の効果があるといわれています。


加齢臭対策サプリメントを試してみるのも一法でしょうが、おわかりのとおり、加齢臭をこれらサプリメントの常用でおさえようとすると、かなりのコストを長い年月にわたって費やすことになります。

これらのサプリメントを摂るのを止めてしまうと、また元どおりとなってしまうことも問題です。


そこで加齢臭用のサプリメントによる「短期的解決」をはかるよりは、日頃の食生活を気をつけて見直すことによる、「中長期の体質改善」をはかっていくことを、当サイトとしては強くおすすめします。


肉類を控え、野菜や果物をとるようにすることで、あわせて「生活習慣病」の予防も兼ねることになります。

加齢臭対策はすなわちメタボ対策にも通じるので、まさに一石二鳥というわけです。


できる範囲で加齢臭対策を行うことはもちろん大切ですが、日常生活においては、あまり神経質に過剰反応するのも考えものです。


実際に加齢臭に悩んで病院を訪れる人の過半は、本人が周囲の反応などを過剰に気にしすぎているだけで、投薬などの特段の処方を行わないレベルのものだそうです。

(ただし稀にですが、「加齢臭と思い込んでいたら、実は病気からくる症状だった」というケースもあります。たとえば糖尿病が進行すると血中のケトン体の濃度が過剰になり、古い果物のような甘酸っぱい体臭・口臭[アセトン臭]が現れることがあります。)


それこそストレスをため込むことになりかねないので、必要な対策を講じた後は、なるべく気にしないようにしたいものです。


▲先頭に戻る

加齢臭だけでなく、口臭にも注意したい。


加齢臭が生じるのと頃あいを同じくして、口臭が生じやすくなるという問題もあります。


これは年齢を重ねるとともに歯茎がやせてきて、生じたスキマに食べ物がはさまって腐ったりすることから、生じるものです。


口臭の原因として一番多いのは、いわゆる「ドライマウス(口腔乾燥症、こうくうかんそうしょう)」です。

唾液の減少により、舌についた物質に細菌が留まって、悪臭が放たれやすくなるのです。

「口臭は胃の調子が悪いせいでは」と考える人も多いのですが、通常は胃の中のにおいが口もとまで上ってくることはありません。


忙しいサラリーマンの方の中には、歯みがきはお昼休みのほんの1~2分で適当に済ませている方も多いのではないかと思いますが、いい加減なブラッシングでは、口臭の原因を拭い去ることができないということですね。

対策としては、歯みがきを丁寧に、そしてブラッシングによる歯茎マッサージも含め時間をかけて行う必要があります。


ここで、歯みがきの基本ポイントを簡単に書いておきますと、


● 歯みがきは食後30分以内が目安。

● 歯みがき剤は、たくさんつけなくてよい。ただいつもまったくつけないと、歯の表面の茶しぶ汚れがとれない場合もあるので、少量程度はつけてみがいたほうがよい。


ちなみに歯みがき剤の種類はあくまで副次的なもので、一番効果があるのは「歯みがきをテイネイに、時間をかけて行うことです。

塩で磨く方は、食塩のつぶが粗いとかえって歯肉や粘膜を痛める可能性もあるので、歯みがき剤同様つけすぎないようにしましょう。


● ブラッシングは歯の表面部分だけでなく、歯と歯ぐきの間(「歯周ポケット」と言われる部分)、そして歯の裏側と奥歯にいたる部分、また歯ぐきそのものをブラッシングすることも、大切です。

特に「歯ぐきを磨くことを意識する」ことによって、歯ぐきそのものが強くなり、ひいては歯周病の予防にも効果があるとされています。


● 歯の磨き方は、持ち方や角度、歯ブラシの種類などで細かい指導をされる方もいますが、ごく普通に持って丁寧に磨くようにすれば、そう大差は無いようです。磨き方にこだわるよりも、「時間をかけて口内全体を磨くこと」を強く意識すること。


ちなみに歯みがきの時間ですが、日本歯科医師会によると歯みがきの理想的な時間は「10分程度」とのことです。


しかし現実は、歯みがきに3分以上かける方はそう多くないようです。

お昼休みの一時間で、歯みがきに10分もとられるのはキツイですからね。

せめて半分の5分程度はかけ、歯みがきの一日の回数自体を増やすようにしたいものですね。


●「就寝前のテイネイな歯みがき」を習慣にすること。

これは歯科医の先生、皆さんが強調するポイントです。睡眠中の口内雑菌の繁殖を防いでくれます。

これまでされていない方は、今日から是非実行したいものですね。


● 場合によっては、歯間ブラシや糸ようじなども併用したいもの。

歯と歯の間の食べかすなどは、口臭の原因として非常にポピュラーなものと言ってよく、歯みがきで取りきれなかった食べかすを歯間ブラシできちんと除去することは、口臭予防に大いに効果があります。


▲先頭に戻る

上で述べたポイントを一言でまとめてしまえば、「口内全体をていねいに、まんべんなく磨くこと」となりますが、皆さん現実には意外にできていませんので、ここは基本に立ち返りたいものですね。


ただし、すでに歯槽膿漏(しそうのうろう)や歯周病など、本格的な歯の病気になって口内で炎症を起こしている場合は、歯医者さんできちんと治療しない限り、口臭の除去は無理です。素直に歯科に行くのが得策です。


あと大切なのは、口臭はなにも歯だけから生じるものでなく、舌の汚れや胃から生じている場合もまた多いということです。


俗にいう「舌の苔(こけ)」をとるには、専用の器具を使うのも良いでしょうが、舌の表面を傷つけないのなら通常の歯ブラシでもOKです。


歯を磨いた最後に、舌の表面をやさしくなでるようにして数回、舌の奥から手前に動かして苔をとるようにします。

ただし舌の味蕾(みらい)を傷つける恐れがありますので、舌をゴシゴシと強く磨くことは厳禁です、くれぐれもお忘れなきよう。


また、胃の中で異常発酵したガスから、臭いが生じている場合もあります。

こちらはなんらかの胃の病気の可能性もありますので、一通り上記で述べたような口臭対策を講じても改善が見られないようであれば、病院で一度相談してみることをおすすめします。



中高年世代ともなると、カラダの臭いなど気を配らなくてはならないことも、残念ながらイロイロと増えてくるということですね。


しかし解決策もまた何かしら、必ず用意されているものです。


簡単にあきらめず、正しい情報にもとづいて、自分の状況にあった対策をとることによって少しでもその改善をはかるよう、前向きに考えていきたいものですね。

スポンサーリンク



参考サイト

健康と医療 情報サイト



プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

本サイトの情報提供について

本サイトは、加齢臭・口臭関連情報の整理をお手伝いすることが目的です。あくまでこれらに関わる一般的知識と情報提供を趣旨としており、特定の商品・サービス・企業等の利用を推薦するものではなく、これらの情報提供行為によって何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の責任と判断のもとでご利用いただくようお願いいたします。


▲先頭に戻る